介護付有料老人ホームの概要

介護付有料老人ホームは老人ホームの中でも最も多く、一般的な老人ホームといえます。

介護付という名称通り、食事や入浴、排泄など日常生活を自力で行えない高齢者に対し介護をサービスを提供することができる住居です。
介護付有料老人ホームには介護認定を受けており介護認定を必要とする「介護専用型」と介護認定を受けていなくても入居が可能な「混合型」に分類されます。


そのため、入居者は自立している人から要介護5の人までと幅広い対象となっています。
具体的な介護サービスの内容としては、食事や排泄などの身体介護、掃除や洗濯・買い物などの生活援助、外出や通院などの付き添い、レクリエーションなどのイベント活動、生活相談などがあげられます。

また施設により異なりますが、胃ろうなどの経管栄養やカテーテルの管理など医療ケアにも対応してくれる場合があります。

介護スタッフが24時間体制でサポートしてくれるため、夜間などの緊急時にも対応してくれます。

介護付き有料老人ホームの最新情報をお伝えします。

費用については一般的に、入居時の一時金と家賃や光熱費にかかる月額の費用、食事代やオムツ代など保険外にかかる別途費用があげられます。一時金は立地条件や設備によって無料の所もあれば数千万円かかる場合もあります。



月額の相場はおよそ15~40万円程度ですが、これも一時金同様施設により差があります。

それぞれの介護付有料老人ホームの特徴を事前に確認し、入居者や家族のニーズに合った施設選びを行うことが重要です。

BIGLOBEニュース関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。